2013/05/20

ヨッキー君物語

 

「おい!ヨッキー! お前、また練習に来たのか?
弱いくせにボクシングの練習なんてするんじゃ無いよ
辞めて、別の事をやった方が良いんじゃないの?」 

ヨッキーは、ボクシングを始めたばかりですが、
才能が無く、いくら練習しても全然強くなりません

なので、周りの皆からは、バカにされてばかりでした

でも、ヨッキーは、ボクシングが好きなので、
毎日の様に練習にやって来ます
ヨッキーには、夢がありました

世界チャンピョンのツキノワグマのツッキーに
いつの日か勝ちたいと思っていました

でも、その夢を皆に話すと、
「お前なんかが、世界チャンピョンに勝てるはずが無いだろう」
と、またバカにされていました





ある時、ボクシングの練習の帰りに、
少年がいじめられているのを見かけてしまいました

「うわぁ~、どうしよう! 助けてあげたいけど
僕じゃ、弱すぎて逆にやられちゃうから
見て見ぬふりをしよう」

そう決めた、ヨッキーでしたが、
後ろから、おじいさんが近寄って来ました

「お前さんがもっている、
そのボクシンググラブは、飾りなのかい?」

「えっ!」
 急に話しかけられたヨッキーはビックリしてしまいました

「お前さん、ボクシングをしているんだろう?
あんないじめられている所を見て、
そのまま逃げるのかい?」 

「でも、僕は弱いから、
戦っても逆にやられてしまうんです」 

「ふ~ん? そうかな?
私は、時々、お前さんが近くの公園で練習しているのを見ているが、
そんなに弱いとは思わないよ
とにかく、せっかくボクシングをしているんだから、
こんな時にその力を使わないでどうするんだい?」 

ヨッキーは、おじいさんの話を聞いていると
不思議と自分は戦える気がしてきました 

ヨッキーは、いじめられている少年の前に立って言いました 

「そ、そ、そんな事をするな!
ぼ、ぼ、僕が相手になってやる」 

「なんだ!こいつ! お前もいじめられたいんだな
それじゃ、お前から先に殴ってやるよ」 
と、言い終わらない内に、
相手のパンチが飛んで来ました

「うわぁ~、殴られる!」

と思ったその時です

「ダッキングだ!、下にかわすんだ!」
と後ろから声がしました

その通りに、頭を下に下げて、
相手のパンチを避けました

すると、次に、
「左ジャブ・右ストレート」
と続けて声がしました 

ヨッキーは、そのまま言われた通りにパンチを出すと、
相手にヒットしました 

すると、相手は
「うわぁ~ なんだ、こいつ めちゃくちゃ強いじゃないか! クソッ!覚えていろよ!」 
と言い残し、逃げて言ってしまいました 

それまで、いじめられていた少年は、
ヨッキーにお礼を言って帰って行きました 

でも、ヨッキーは、自分が戦って勝った事が信じられませんでした

 「それが、お前さんの実力だよ 練習は、裏切らないんだよ」
と、あのおじいさんが言いました 

それから、ヨッキーは自分に自信が付いて、
ドンドンボクシングも上達して行きました 

それに、夢だった、世界チャンプのツッキーと戦うという夢も
周りの皆に話をしても笑われなくなっていました

12 件のコメント:

  1. こんにちは。

    勘太さんのところから飛んできました。
    すごいですね。
    物語が出来ていますよ。
    ヨッキーくんは、
    ボクシング全然強いじゃないですか。

    いい話ですね。
    ヨッキーくんのこれからの活躍も待っています。

    返信削除
    返信
    1. ヨッキー君は実力はあったんです
      ただ、パンチを怖がって実力を出し切れなかったんですよ(笑)

      これからの話がどうなるか分かりませんが、
      出来るだけ早く書きますね

      削除
    2. すごいですね。
      yumeさんのコメントの返信で、
      >意外と早く完成した話だったんですが、
      とありますが、すごいですね。

      早く読みたい気もありますが、
      gabrielさんのペースでがんばってくださいね。

      削除
    3. そうなんです

      堪太さんに、話を書いていいですか?
      って聞いてから
      1~2時間くらいだったと思います

      ずっと、ブログを更新してたのと、
      別にガブリエルの冒険の小説を書いていたのが
      役にたったと思います

      削除
  2. ヨッキー君物語、感動しますね(〃'▽'〃)

    >「それが、お前さんの実力だよ 練習は、裏切らないんだよ」
    この、言葉もいいですね☆ ハートにじ~んときます(*^。^*)

    返信削除
    返信
    1. わぁ~
      セリフにまで感動していただいて嬉しいです(笑)

      意外と早く完成した話だったんですが、
      結構、面白い話になりましたよね

      削除
  3. ひさちゃん2013年5月21日 11:02

    ヨッキー君物語

    感動ものでしたぁ~\(◎o◎)/!

    ヨッキー君、強いですね。
    その勇気に拍手です。!!

    弱い振りして。ここぞと言う時、力を発揮(●^o^●)
    世の男性族もそうあって欲しいですね。

    返信削除
    返信
    1. 感動してもらえてよかったです

      でも、弱い振りじゃ無いんですよ
      何か理由があって、実力が出せなかったんです

      その理由もそのうち明らかにします(笑)

      削除
  4. 蓮見

    まさかまさか ヨッキーくんのお話まで できているとは!

    そうですよ 弱いって思いこんじゃったら
    本当の力を試すチャンスすら 自分でなくしちゃうんですよね

    自分にも置き換えました 背中を押してくれたおじいちゃんの
    存在もすっごく大きい 
    ヨッキーくん よかったね!

    返信削除
    返信
    1. 堪太さんのイラストが素晴らしかったので、
      つい、面白い話が出来てしまいました

      まさか、自分に置き換えて読んでもらえるなんて嬉しいです

      次回作も作る予定なので、楽しみにしてくださいね

      削除
  5. こんばんわ
    iPhoneやiPadでなかなかコメントが送れず、PCでやっとやって来ました。
    遅くなってごめんなさいです。
    本当に素敵な物語です。
    しかも1~2時間でかけるなんて、天才ですね。
    尊敬しちゃいます。
    続編も楽しみにしています。

    頑張って挿絵も描きますね。(#^.^#)

    返信削除
    返信
    1. 堪太さんのブログで
      ツッキー君のイラスト見ましたよ

      それを元に、新しい話を書くので
      楽しみにしてくださいね

      削除