2017/03/11

カーチョ・エ・ペペ

今日の週末レシピですが
ローマの伝統料理です

イタリアは地方毎に料理が異なっていて
それぞれに伝統料理があります

ローマの伝統料理でパスタだと
皆さんご存知のカルボナーラとか
昨年、地震の被害が大きかった
アマトリーチェの町の
アマトリチャーナとかが有名ですよね

自分もローマには
ほとんど行った事がなくて
実際にローマで食べた事があるのは
カルボナーラくらいです

で、今回のパスタですが
cacio e pepe(カーチョ・エ・ペペ)という料理です
カーチョはチーズの事で
ぺぺは胡椒の事です
エは合わせてって意味で
チーズと胡椒のパスタになります(笑)

あまり知られてないみたいですが
ローマでは定番のパスタ料理みたいです

作り方ですが
1番簡単なのは
茹で上がったパスタに
チーズと胡椒をかけるだけです(笑)

チーズは
ローマ地方でよく食べられる
ペコリーノチーズ(羊のチーズ)を使うみたいです

ただ、ペコリーノチーズなんて
なかなか手に入らないので
今回は、普通のパルメザンチーズを使いました

で、出来上がりがコチラです



ね、
パスタの上に
チーズと胡椒が乗っているだけです

チーズと胡椒だけだと
パスタの麺がパサパサするので
バターも少し加えてます

食べてみると
シンプルですが
チーズの旨みと胡椒の辛さが抜群です

ただ、パスタを茹でる時に
お湯に塩が足りなかった為か
少し薄味になってしまってました(笑)

シンプルなパスタなので
パスタを茹でる時の塩加減がかなり重要になるみたいですね

とは言っても
パスタを茹でて
上からチーズと胡椒をかけるだけなので
めちゃくちゃ簡単に作れます
皆さんもぜひ一度作って食べてみて下さい

さて、今回のワインは
ローマの伝統料理のカーチョ・エ・ペペなので
もちろん、ローマ近郊で造られるワインです

今回は「フラスカティ」です

以前も紹介しましたが
フラスカティは別名「法王のワイン」と呼ばれます

理由は、ワインの名前にもなっている
フラスカティの町の近くに
ローマ法王が避暑地として利用する湖があるからです

法王のワインと呼ばれるくらいなので
味は間違いないんですよね(笑)
それなら、お値段が高いんじゃないの?
って思ってしまいますが
お値段も意外と安いんですよ~(笑)

飲んだ事がない方は
ぜひ、一度
法王のワインをお試しください!

ただし、
実際に法王がこのワインを飲んでいるかは分かりません(笑)



4 件のコメント:

  1. 羊のチーズ、なかなか売ってないですよね。
    前にテレビで見たチーズが、とってもおいしそうだったんですが、
    きっと、イタリアに行かないと食べられないんでしょうね。
    パルメザンでもできるのなら、ぜひ作ってみたいです。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      本来は羊のチーズで作るので
      本場の味と比べると風味とか違いますが
      これはこれで美味しいですよ
      というか
      逆に考えればチーズを変えるだけで
      色んな味が楽しめそうですよね(笑)

      削除
  2. カーチョ・エ・ペペ
    かわいいタイトルに惹かれました♪
    訳すと「チーズと胡麻のあわせ」?
    まんまで、わかりやすいですね笑
    シンプルだけどピリ辛でおいしそうです
    でも、確かにパルメザンしか思いつかない。。

    返信削除
    返信
    1. 蓮見さん
      イタリア人(ローマっ子)からすると
      伝統の料理で聞きなれた名前なんでしょうが
      日本人が聞くと可愛い名前ですよね(笑)
      シンプルなので、チーズの種類で味が変わる
      なかなか珍しいパスタですよね

      削除