2017/03/20

Equinozio(エクィノツィオ)春分の日

今日は春分の日でしたね
春分の日は
「自然をたたえ、生物をいつくしむ」
って日らしいです(笑)

あと、お彼岸でお墓参りをされる方も多いですよね


そんな春分の日ですが
イタリアでもある意味大事な日なんです
ただ、イタリアでは祝日ではありません

イタリア語で春分は
「Equinozio」(エクィノツィオ)
って言うらしいですが
今回、初めて知りました(笑)

ひとまず、いったん春分の日は置いといて
毎年、この時期になると
イタリアを含めて世界中で盛り上がるイベントが
復活祭(イースター)ですよね

イタリア語ではパスクアです
復活祭の日付は毎年変わります

今年は4月16日です

この日付はどうやって決めるのかというと
ここで、最初に書いた春分の日が出てきます

春分の日を起点に
春分の日の日から次の満月の日を過ぎた
最初の日曜日になります

どうして、こんなにややこしいのかって気がしますが(笑)
西暦325年に行われた
ニカイヤ公会議(キリスト教の会議)で
正式に決まったそうです

復活祭はキリスト教徒にとっては
大事な記念日で
クリスマスと同じくらい大事な記念日みたいですね

ここで、注意が必要なんですが
クリスマスと同じくらいの記念日って事で
スーパーや商店などはお休みになります

中には、木曜日ぐらいから
短期(3〜4日間)の休暇になる所もあるそうです

この時期にイタリアを旅行する際は
毎年変わるパスクアの日をチェックしないと
現地で困る事になるので
気をつけてくださいね(笑)


2 件のコメント:

  1. なんと!またお休みになっちゃうんですか。
    春分の日は、日本と同じ日になるんですか?
    イースターと言えば、イースターエッグが思い浮かびますが、
    日本ではあんまりなじみがないイベントですよね。
    ハロウィンのように、いつか日本でも卵隠しをする日が来るんでしょうか~。

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      イタリアに居た時はあまり気にしてなかったですが
      こうやって書いてみると休みが多いですよね(笑)
      休みが一日だけとかじゃなくて
      長期休暇なので余計にそんな風に感じるのかもしれないですね

      削除