2017/07/11

EPA大枠合意

今日は、少し前のワインの紹介の時に書きましたが
日本と欧州連合(EU)の間で大筋合意された
EPAについて少し詳しく書きたいと思います

今回のEPAとは
日本とEUの間にある関税の撤廃
もしくは、関税の引き下げです

簡単に言うと
税金がかからない(低くなる)ので
ヨーロッパの食品が安く手に入るって事ですね

ワインだと
普通の750mlのボトルワインは
約94円ほど安くなります

チーズも現在は
最大で29.8%の関税がかかっていますが
これが0になるかもしれないです
ただし、段階的に下げて行くという事なので
完全に0%になるには16年もかかるそうです

とは言え
食材が安くなるのは嬉しいですよね

他にも豚肉やパスタなども安くなるそうなので
こういった食品を良く食べる家庭などは大助かりですね(笑)

家庭にとっては良い事なんですが
企業やメーカーにとっては良い事ばかりではありません

海外の商品が安く手に入るって事は
国産の商品が売れなくなるという事です
特に、チーズなどはその額が多くなると言われています

でも、このブログでも紹介した事があるんですが
少し変わったチーズなどを売り出せば良さそうなんですよね
ベビーチーズに明太子が入ったり
ワサビを入れたりと
ヨーロッパでは作る事が出来ないチーズを販売したらダメかな?
って個人的には思ってます

それに、海外のチーズが日本人の口に必ず合う
って事もないと思うんですよね
ヨーロッパのチーズって独特な味なので
日本のチーズは大丈夫だけど
海外のチーズダメって人も多いと思います

もちろん、チーズだけじゃなくて
同じ様な事がワインにも言えると思うんですよね

まぁ、自分はただ単にチーズ好き、ワイン好き
って言うだけで意見を言っているので
実際の企業さんからはそんな事は分かっているんだよ!
って怒られそうですけどね

今回は食品に関して主に書きましたが
このEPAには自動車などの関税も関わっています

日本とEUにとって
どちらにも良い結果が出ると嬉しいですね

しかし、
この日本と欧州連合のEPAって
ニュースであまり報道されないですよね

アメリカがTPP脱退とか言ってた時は
めちゃくちゃ報道していた気がするんですが
正直、TPPと変わらないくらい重要な問題だと思うんですけどね

今回の記事もEPAについて調べようと思っていても
なかなか、知りたい情報がなくて苦労しました(笑)

2 件のコメント:

  1. ワインが安くなることを願います~。
    まぁ、今でも十分安いワインを飲んでるんですが・・・。
    前に住んでいた名古屋では、家の近くにチーズの専門店があって、
    知らない名前のチーズがいっぱい売ってましたが、
    確かに、食べづらいって思うチーズも多かったです。
    ただ、私はワインに関しては、ヨーロッパ推しです!

    返信削除
    返信
    1. 心姫さん
      チーズはヨーロッパ産は種類が豊富ですもんね
      日本だとなかなか食べれないチーズが食べやすくなるなら嬉しいです
      ワインは、日本とは造っている歴史が違いますからね
      ワインに関してもあまり知られてないワインが飲めるようになるのは良い事ですよね

      削除